島崎遥香「新ドラマの私、ボロクソで申し訳ありません。ただただ苦しい・・・」

印刷

   AKB48の島崎遥香は10月18日(2016年)、主演ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(毎週火曜0時15分~45分)の演技について、「本当に私、ボロクソです。申し訳ありません。葛藤の日々です。未だ、彷徨っております。ただただ苦しい・・・」とツイッターに投稿した。4~6月期のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)の演技と比べたファンが「ゆとりですがなにかの方がノレてた」とツイートしたのがきっかけだ。

   島崎は10月3日、都内のイベントで今年限りのグループ卒業を発表し、今後の活動内容を質問されて「今すぐに、簡単に『女優さんになります』って言えるほどの実力もないですし・・・。『女優1本で行きます!』って、ここではそうは言えないんですけれども、ここに来てくださっている記者の皆様もそうですし、ファンの皆様をはじめ、芸能関係者の皆様が応援してくださる声がある以上は、いただいたお仕事に全力で取り組んでいきたい」と語っていた。

   ツイッターのコメント欄には「ぱるちゃん・・・頑張ってね!」「ぱるるは凄く頑張ってると思う!」と応援する声が寄せられている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中