ボート・カヌー競技団体と都「海の森」開催で必死!韓国説流したり300億円に値引き

印刷

   東京五輪のボート会場問題では、東京・海の森水上競技場の代替地として、宮城県の長沼ボート場、埼玉県の彩湖が上がっているが、きのう18日(2016年)にトーマス・バッハIOC(国際オリンピック委員会)と会談した小池百合子都知事は、「今月中にも結論を出したい」と語った。

   バッハ会長は「モッタイナイことはしたくない」と経費節減を言いながらも、「開催都市として選ばれた後もルールを変えないことが、日本、東京、IOCにとって理にかなっている」とクギを刺し、「都、組織委、日本政府、IOCの4者で作業部会を作って、一緒にコストカット策を詰めたいと思う」と述べた。

自ら認めた水増し「519億円」の親方日の丸

   バッハ会長の来日に合わせたように、IOC筋から「韓国での開催も検討」という情報も出た。関係者は「日本側の動きを加速させるための意図的な情報」と見ているようだが、足元を見透かされても仕方がない面もある。とにかく、バカバカしいほど整備費用が膨れたり縮んだりする。

ぼったくりバー

   「海の森」についても、都は新たな試算を出したが、これが300億円前後だという。では、519億円はなんだったのか。都は彩湖を558億円と高く見積もるが、埼玉県は「90億円だ」と反論している。長沼も都は「351億円」と言い、宮城県は「150~200億円」と大きな開きがある。なんとか「海の森」にしようと必死なのだ。

他の施設予算も徹底的に洗い直せ

   深澤真紀(コラムニスト)「無茶苦茶ですよ、ブラフをかます人もいるし、519億円が300億円になるなんて・・・。全部チェックしましょうよ」

   司会の小倉智昭「どんぶり勘定でしかない」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「ぼったくりバーみたいなもんで信用できない」

   小倉「50年前の東京オリンピックの時より会場の幅が必要というけど、狭いままでできないのかと思っちゃう。それだと日程が消化できないのかな。なんかうまい方法がありそうだけど」

   「親方日の丸だあ」と目いっぱい予算を乗っけたボロが出ている。これからもまだまだ出てきそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中