TBS系「火10ドラマ」過去最高視聴率!新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」

印刷

   新垣結衣主演のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜よる10時)の第2話(2016年10月18日放送)が平均視聴率は12・1%と、おととし(2014年)に始まった火曜ドラマ「火10」としては過去最高を記録した。

   就活中の森山みくりが独身の会社員の家事代行として働くことになり、「契約結婚」する社会派ラブコメディーだ。

   脚本はドラマ「空飛ぶ広報室」「掟上今日子の備忘録」、映画「図書館戦争」シリーズなどで知られる野木亜紀子氏で、前評判が高い。(テレビウォッチ編集部

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中