小室哲哉「小林麻央さんとご家族は素晴らしい。僕は桂子が倒れたとき、涙をただこぼすだけでした」

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が10月18日(2016年)、歌手の安室奈美恵の楽曲「RESPECT the POWER OF LOVE」に勇気付けられたとブログに書き、作詞・作曲を担当した音楽プロデューサー小室哲哉がツイッターで反応した。

   麻央が引いた歌詞は「どうして こんなに ただ前に 進まなきゃならない」で、「苦しい思いを表している言葉なのに、何故かすごく勇気づけられた」と話す。このブログを読んだ小室は「ご本人もご家族も素晴らしい」と語り、妻で音楽グループ「globe」のボーカルKEIKOが2011年、くも膜下出血で倒れた時の経験と比べ「甘いな、僕は」と謙遜した。「僕は桂子が倒れたときから、しばらくは感情を吐き出せなく、笑顔もなく、ひとり病院の廊下で涙をただこぼすだけでした。ご夫婦で日々を綴る勇気、背中合わせのお気持ち、少しだけわかります」。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中