防衛大学校名物「棒倒し」2万人が観戦!殴る以外は何でもあり・・・4大隊が激突

印刷

   週末の19、20日(2016年11月)に神奈川・横須賀市の防衛大学校で開催された開校記念祭に2万人が詰めかけた。自衛隊幹部となる若者たちが競う棒倒しが人気だ。

   防衛大学校には2003人(うち女性は184人)が在籍し、朝6時に起床して雑巾がけから始まる訓練を受ける。開港記念祭は1953年から毎年開かれていて、棒倒しも訓練の一環だ。

正面突破と見せかけて別グループが回り込む頭脳戦

   棒倒しは4つの大隊から150人ずつが出て、それぞれ攻撃と防御に担当を分け、相手方の棒を30度、3秒以上倒したほうの勝ちだ。トーナメント式で争い、殴る以外は何をやってもいい。けが人に備えて担架も用意される。

かっこいい

   ただ突進するだけではなく、大隊により独自の攻撃のバリエーションがある。第1陣が守備陣にとりついて土台を作り、その上を第2陣が棒めがけてジャンプする。攻撃隊を2つに分けて、守備陣形の特定部分に攻撃を集中させると見せて、反対側に回り込むなどだ。

   近藤春菜(ハリセンボン)「頭脳戦なんですね」

   中山美香リポーター「そこで感動するんです」

   司会の加藤浩次「かっこいい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中