崔順実「平昌冬季五輪」も食い物?スタジアム工事受注やマスコット選定に圧力

印刷

   朴槿恵大統領と友人の崔順実をめぐる疑惑は、2018年開催の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪にも広がってきた。「スポーツ界の大統領」ともいわれる政府文化体育観光部の金鐘・元第二次官が職権乱用の疑いで逮捕され、崔らと利権をむさぼっていたのではないかと追及されている。

   韓国のスポ-ツライターによると、金元次官は「崔の立場を強化した人物」という。崔やその姪で、横領で逮捕されたチャン・シホ容疑者と月2回は会合を開き、サムスン財閥からチャンのスポーツ法人に1億5000万円を出資させるのに一役買ったとされる。冬季五輪のメーンスタジアム工事でも、崔の関係会社に一部を受注させようとした疑惑が出ている。

自分が飼ってる「珍島犬」に変更しろ

   五輪マスコットを朴大統領や崔が飼っている韓国の天然記念物の珍島犬に変更しようと圧力をかけた疑いも出ている。森圭介アナは「全国の体育団体を統合する大韓体育会に圧力をかけたと報じられています」と伝えた。

加藤:東京五輪は大丈夫?
加藤:東京五輪は大丈夫?

   司会の加藤浩次「東京五輪でもこんなことはないだろうねえ」

   いや、新国立競技場のデザイン、ロゴ、膨らみ続ける開催費用をみると、スポーツ利権がはびこっているのは同じだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中