イオン「ブラックフライデー」きょうから3日間・・・1000円のTシャツが100円

印刷

   流通大手のイオンの大規模安売りセール「ブラックフライデー」がきょう25日(2016年11月)から全国約500店舗でスタートした。東京・品川の店舗では、1000円のTシャツを100円で放出したり、テナントで出店している衣料品の『GAP』が先着100人に1万3000円に近い商品を100円で販売するなど超特売セールが行われている。

   若い女性客は「こういうイベントが増えると、お得にどんどん買えるのでいいあと思う」、男子大学生も「9900円が100円で本当にうれしい」と話す。

アメリカで始まった「感謝祭翌日の金曜日バーゲン」

   ブラックフライデーはアメリカで始まった感謝祭の翌日の金曜日に行われるクリスマス商戦の前哨戦で、全米の小売店に広がり、売り上げが黒字になることからブラックフライデーと呼ばれている。

   石井大裕アナは「流通各社としてはアメリカのようなイベントに定着させたい考えです」と伝えたが、今のところ実施に踏み切ったのはイオンとグループに参加する小売り会社だけ。大手各社が参入するかどうかはイオンの成果次第というわけか。イオンのブラックフライデーは27日までの3日間。

文   モンブラン
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中