「どんな国の選手も技術的な欠陥を理由に棄権させない」 パラリンピック支えた修理職人の矜持

【修理工場は眠らない パラリンピックを支えた職人たち】  総合 11月29日(火) 22:25 ~23:14

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   159の国と地域から4400人あまりが参加したリオ・パラリンピックで、アスリートたちを陰で支えていたのが選手村に開設された「修理工場」だった。競技用義足や車いすなど、どの国の選手でもどのメーカーの製品でも無料で修理を引き受けた。時には、専門家も見たことない古い装具が持ち込まれることもあった。期間中の修理件数は2000件を超えた。

   この工場を運営していたのはドイツのオットーボック社。「どんな国の選手も技術的な欠陥を理由に棄権させない」をモットーに、限りある材料から知恵を絞り修理にあたった。世界中から集まった100人のスタッフが大舞台に懸けた夏の熱いドラマ。

修理工場は眠らない   パラリンピックを支えた職人たち

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中