ASKA刑務所収監!執行猶予取り消しと重犯で合わせて懲役5年

印刷

   歌手のASKA(58)がまた覚せい剤使用容疑で逮捕された。前回の使用・所持の執行猶予中で、容疑の通りなら猶予は取り消され、3年の懲役刑が執行され、今回の刑が加算される可能性が強い。本人は使用を否認しているが、25日(2016年11月)に自分で「盗聴されているので、確かめてくれ」と110番していた。警察官が出向くとろれつが回らない状態で、尿を採取して鑑定に回すと陽性と出た。

幻覚で被害妄想?「盗聴されてる」「盗撮されてる」

   ASKAはきのうもブログに「陽性はありません」などと書き込んでいて、午後6時半頃に帰宅したときも、詰めかけた報道陣に「覚せい剤の使用はありません」と話していた。その後もブログで「皆さん落ち着いて」などと訴えていたが、午後8時25分ごろ、警視庁の捜査員が来て逮捕された。

tv_20161129122540.jpg

   ASKAはおととし9月(2014年)、懲役3年・執行猶予4年の判決を受けた後、千葉の病院に2か月間入院したあと、民間のリハビリ施設「ダルク」に入院していた。ただ、今年7月に再開したブログでは、「覚せい剤の後遺症と判断され、入院させられた」と家族への不信をほのめかしていた。

   5月に九州の病院に転院し、外泊もできる任意入院に変わってからは、家族に黙って行動することもあったという。10月9日には、福岡でのライブに飛び入り参加して、「はじまりはいつも雨」などを歌った。スポーツニッポンによると、絶えず盗聴、盗撮されていると訴えていて、「盗聴国家日本」を執筆中だったという。来年1月に13曲入りの自主制作アルバムを作る予定で、来月にはYouTubeで先行公開することになっていた。

中年の覚せい剤中毒「再犯率」8割以上

   司会の小倉智昭「執行猶予中ですからね」

   元麻薬取締官の小林潔氏は「びっくりです。猶予が終わるまではやらないだろうと思っていたから」と話す。しかし、この年代の覚せい剤の再犯率は83.1%と極めて高い。

   笠井信輔ニュースデスク「支えてきた家族、とくに奥様も愛想をつかすのではないでしょうか」

   菊川怜キャスター「使用を否定していますが、本当にそう思ってる可能性もあるんでしょうか」

   小林氏「はっきり言えば、精神に異常をきたしている。自分だけが正しいと。こうなると注意した人を恨むんです」

   梅津弥英子キャスター「家族はどうしたらいいんでしょうか」

   小林氏「何もコメントしないほうがいいでしょう。きついこと言うようですが、本人の意思です」

   小倉「いい男なんですけどねえ。何でそうなっちゃったのかなあ」

   逮捕で猶予が取り消しされて懲役3年が執行され、今回の重犯では実刑2年が予想され、合計5年の懲役となりそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中