アイフォーン7は世界最強「酸」に耐えられるか?振りかけ24時間放置実験

印刷

   YouTube(ユーチューブ)の「iPhone 7 vs World's Strongest Acid - What Will Happen?」(どうなる?アイフォーン7対世界最強の酸)という動画が物議をかもしている。

   実験者は硫酸の10000兆倍も強力な「超酸」と呼ばれるフルオロアンチモン酸100グラムを入手し、アイフォーン7にかけて24時間放置した。小さなボトルに入ったフルオロアンチモン酸は、実験者の予想とは違って結晶状になっていて、2回に分けてアイフォーンの上に振り撒き過酸化水素まで注ぎ込んだ。

批判殺到「バカなことはやめろ。自分が死ぬぞ」

   結果はアイフォーンの黒い塗装ははげて、シルバーの金属部が露出した。完全に壊れているように見えたが、電源を入れると何事もなかったかのように動き、スクリーンも異常はなかったという。

   実験者は「信じられない! アイフォーンは世界最強の酸にも耐えた。感動した! 完璧に動いてる」と興奮気味だが、コメント欄では、もしホンモノのフルオロアンチモン酸を使ったのであれば大変危険であり、実験者も死亡する可能性があったなどとして批判が殺到している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中