野球「インハイ」なぜ激減したか? 一発長打か空振りか...投手にとってスリリングな勝負球

【球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち~ 「インハイ」】  BS1 12月03日(土) 23:00 ~23:49

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   野球のインハイは甘く入れば一発長打、手元が狂えばデッドボール。しかし、厳しく突ければ、空振りさせることできる。インハイは投手にとって諸刃の剣とも言えるスリリングな勝負球である。

   プロ野球ではインハイをめぐる名勝負が繰り広げられてきた。落合博満は松井秀喜に「インハイを何とかできれば他の球はどうにでもなる」と助言した。しかし、現在ではインハイへの投球割合は10年前に比べて50%近くも減少しているという。いったいなぜなのか。

   西武・浅村栄斗選手やインハイ攻めで有名だった東尾修さんらに話を聞き、過去の名勝負から「インハイ攻防」の歴史をたどる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中