パワーウインドーに挟まれ2歳児心肺停止!母親が買い物中の10分間

印刷

   新潟・上越市のスーパーマーケット駐車場で30日(2016年11月)、2歳の次男が後部座席の窓ガラスに首を挟まれ心肺停止の状態で発見された。母親がわずか10分ほど車から離れたスキの事故だった。「なぜ男の子は車の窓に挟まれたのでしょうか」(司会の夏目三久)と取り上げた。

エンジン掛けたまま

   警察によると、車の後部座席には男児と長男の2人がいて、エンジンはかけられたままだった。母親が買い物から戻ると、男児が後部座席の窓ガラスから首を外に出した状態でぐったりしていたという。男児は病院に運ばれたが、心肺停止の状態だった。

tv_20161201121448.jpg

   原因はパワーウインドーを誤って操作したものとみられている。このパワーウインドーによる子どもの事故は過去にもある。07年に大分・臼杵市で軽自動車の後部座席に乗っていた4歳の男児が、10年にも静岡・富士市で1歳の女児がパワーウインドーに首を挟まれた。いずれも大人が目を離したスキの事故だった。

自動車メーカーは防止策

   パワーウインドーはペットボトルやアルミ缶が簡単に潰れてしまうほどの力で、メーカー側も安全策を講じている。自動車評論家の国沢光宏氏も「最近の車は部座席の窓を勝手に操作できないように、運転席にスイッチがついています。防止策はいくらでも方法がある」と指摘する。

   エンジンをかけたまま安全策を取らずに子どもを車に残し車から離れる危険性を大人は十分認識する必要がある。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中