長野殺人事件と山梨殺人事件、足跡ほぼ一致!2人組は同一犯の可能性

印刷

   長野県南牧村の畑で11月27日(2016年)見つかった貴金属買い取り店長、斉藤弥生さん(36)の殺人事件と、3カ月半前に山梨県で起きた会社役員、若宮利雄さん(73)の殺人事件で、それぞれの現場から採取された足跡がほぼ一致した。怪しい2人組が逃走した点も共通し、同じ人物の犯行の可能性がある。

   斉藤さんの遺体は、畑に上半身を埋められ、両手を結束バンドで縛られ、片足はひものようなもので重機につながれていた。警察は生き埋めにされた可能性があるとしている。

   遺体発見7時間前の午前3時20分には斉藤さんが勤める貴金属店の警報装置が作動、駆けつけた警備員は2人組が逃げるのを目撃している。近くで斉藤さんの車と同タイプでナンバーのない車が燃えた。

   この店から3キロ離れた甲府市の若宮さん宅で8月17日夜、警報機が作動し、警備員が駆けつけると若宮さんが玄関先で血を流して倒れていた。ここで警備員は2人組に襲われ、2人組は今も逃走中だ、若宮さんは病院で死亡が確認された。11月にも若宮さん宅に何者かが侵入した形跡もあった。

単純な物盗りではない、背後に何かがの見方も

   菊地幸夫(弁護士)「どちらも単純な物盗りではない。抗争やカネにまつわる推測もできる。荒っぽく、斉藤さんの事件は見せしめや感情的なかんじがする。貴金属店荒らしはもしかするとついでに行われたのかもしれない」

tv_20161202162827.jpg

   司会の加藤浩次「殺された2人の関係はまだ分かっていません」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中