中村吉右衛門「鬼平犯科帳」さらば!28年150話で幕「重い郵便物乗せて走ってきた」

印刷

   フジテレビ系の人気時代劇「鬼平犯科帳」が、今夜2日(2016年12月)と3日の2夜連続の「THE FINAL」を最後に、28年の幕を閉じる。主人公の火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を45歳から演じた人間国宝の二代目中村吉右衛門も、今年で72歳になる。長かったドラマへの思いを梅津弥英子キャスターが聞いた。

「はじめは初代鬼平役の父親・白鸚の真似をして徐々に自分のものに」

   吉右衛門は感慨深げだ。「『鬼平犯科帳』という重い郵便物を乗せて走ってまいりまして、それを駅に下ろしてまた走り始めようという、そういう心境です」「やっぱり最初の実父の映像がとても私には重く残っておりますので、それを演じるにはなかなか覚悟が要りました」

   実父とは初代松本白鸚(8代目松本幸四郎)ので、テレビドラマでは「長谷川平蔵」の初代だ。「はじめは白鸚の真似をして、徐々に自分のものにしていったという感じでしたね」

   「鬼平犯科帳」は言わずと知れた池波正太郎の人気時代小説だ。実在した旗本・長谷川平蔵を主人公に描いた。しかし、テレビはそれを超えていった。悪を追い詰め、「火付盗賊改方、長谷川平蔵である」が決め台詞。「銭形平次」や「鼠小僧」ともひと味違う世界を作り出した。

2、3日連続で前編「5年目の客」と後編「雲龍剣」

   1998年7月12日からの第1シリーズから、01年まで9つのシリーズと05年からの「スペシャル」がある。シリーズは飛び飛びだが、最後の「THE FINAL」は150話目だ。

   印象深いのは「やっぱり第1作目の『暗剣白梅香』ですね」と挙げた。「アクションを得意とする監督さんだったので、走らされましてね。立ち回りもすごかったけど、それをやれたんだから、まだ若かったんだなと思います」

   梅津「ご本人は、鬼平をはつらつと演じられるうちに終えたいという強い想いでした」

   今夜が前編「5年目の客」、あす(同じく9時)が後編「雲龍剣」で、ひとつの話になっている。

   司会の小倉智昭「いい仕上がりですよ」

文   ヤンヤン
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中