朴槿恵大統領、崔一族と関係を絶つチャンスは3度あった!

印刷

   1日(2016年12月)、韓国・朴槿恵大統領の父・朴正煕元大統領の生家で放火事件が発生。逮捕された48歳の男は「朴大統領が辞任しないからやった」と供述。その朴大統領は、2日予定されていた弾劾の採決が見送りとなり、与党は「来年4月退陣、6月大統領選」で合意。それでも野党と与党の非主流派は「来年4月退陣を明言しなければ9日にも弾劾を採決すべき」と、相変わらず予断を許さない情況。

   そんな中、番組が取り上げたのは、朴大統領をそんな情況に追い込んだ崔一族と関係を絶つチャンスが、これまで3回あったというネタだった。

KCIA調査に「霊的家族」と説明、父は納得

tv_20161202170400.jpg

   1度目のチャンスは、1974年。崔順実被告の父・崔太敏と出会った後のことだった。父である朴正煕大統領を狙った流れ弾に当たり母が死亡した際に、崔太敏は交霊術で朴槿恵に接近してきた。大統領である父は、娘と崔太敏が部屋に入ると一日中出てこないことから様々な噂が出たため、KCIAの金載圭部長(当時)に調査を命じた。金部長の「崔太敏は朴(現大統領)を利用し企業から金を集めている」との報告により、父は2人を問いただしたが、娘の槿恵の「私たちは霊的な家族みたいなもの」という説明に、納得してしまった。調査に当たった金部長を「正しい情報を上げろ」と厳しく叱責した。この5年後に父・朴正煕は暗殺されるのだが、何と犯人は金部長だった。金部長は死刑執行直前まで「がんのような存在である崔太敏を始末すべき」と言っていたという。

   これにはレギュラーコメンテーターの玉川徹(テレビ朝日ディレクター)も、「そうだったの?   その恨みで?」と、ビックリ。ゲスト解説の辺真一氏(コリアリポート編集長)はさらに、「朴正煕大統領周辺にはもう一人預言者がいて、その預言者は『ソウルから出るな』と言っていたにもかかわらず、その伝言が朴正煕に伝わらなかった」と、韓国の歴史を紐解いた。

その後も絶縁を拒否、進言した元老を遠ざける

   関係を絶つ2度目のチャンスは2007年。大統領選における党の公認争いで、朴槿恵に関する調査報告書が流出し、「崔一族は韓国国内に50か所、時価総額数十億円の土地を持っており、不正に蓄財している」ことが明らかにされた。周囲から崔一族との絶縁を迫られたが、朴槿恵は「私が苦境にいるときに助けてくれた素晴らしい人」とこれを拒否。

   そして3度目のチャンスは2012年。韓国大統領選挙で当選した直後のこと。父・朴正煕の代から側近だった7人の元老が「いい加減、崔と手を切れ」と進言したが、朴槿恵は怒って、二度と彼らと会うことはなかったという。

   司会の羽鳥慎一は「精神的に支配されていて、関係を断ち切るチャンスをことごとく放棄してきた」と説明した。スポーツコメンテーターの長島一茂。「この番組、ものすごいリサーチ力だよね」と驚いていたが、羽鳥は「週末のデモと、週明けに朴槿恵大統領が4月辞任発言をするのか、注目です」と、冷静にまとめた。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中