氣志團「殺されるべきかもしれない」 村上春樹「新作」発表を受けて

印刷

   音楽バンド「氣志團」の綾小路翔(40)は1月11日(2017年)、自身のツイッターを更新し、「殺されるべきかもしれない」と戦々恐々としている。

   綾小路は前述の文言を、作家・村上春樹(67)の新作長編小説のタイトルが『騎士団長殺し』だと発表された、という記事の引用とともに投稿。

   当然、「ネタ」であろうが、これにファンも便乗。「翔やん死なないでね」「翔やん逃げて〜 氣志團万博今年も行きたいから生きてくれなきゃ困ります」と「心配」の声が挙がった。

  • 綾小路翔さんのツイッターのスクリーンショット
    綾小路翔さんのツイッターのスクリーンショット
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中