滑舌を良くしてイメージアップ

印刷

   今日(2017年3月14日)の「スマートライフ」のコーナーでは、ゴスペルシンガーでボイストレーナーの亀渕友香さんに、自分の印象を良くする声の出し方を教えてもらった。滑舌を良くしてはっきり話すためのトレーニングのいろいろを紹介する。

舌と口のストレッチ

   滑舌が悪いと思っている人には、くちびると舌先のストレッチがおすすめ。筋肉をほぐすことが大切だという。

(1)上くちびるを鼻先につけるように上に向ける。下くちびるをめくるように広げる。手で押さえてもよい。
(2)息を吹いてくちびるを細かく振るわせる。
(3)「レロレロレロ~」と言いながら、すばやく舌を出したり入れたりする。

しっかりと発音する

   「あ、い、う、え、お」と五十音をしっかり意識して発音するトレーニングも効果的だ。母音をしっかり発音することが発声の基本だそうだ。

「あ」・・・口を丸く開いてのどを開く。
「い」・・・正面から耳の横までほおの筋肉を上げる
「う」・・・くちびるをとがらせて口の両脇の筋肉を前に突き出す意識で発声
「え」・・・口のまわりの筋肉をやや上げて下くちびるに舌をのせる
「お」・・・口を縦長に開き、鼻の下とあごの筋肉を上下に伸ばす

   また「ら」行は巻き舌を意識してしゃべることで、舌を滑らかに動かすトレーニングに、「ぱ」行は口のまわりの筋肉を大きく動かすトレーニングになるという。

早口を直すには音読

   早口で話すと落ち着かない人という印象を与えてしまう。早口を直すのに効果的なのは朗読だという。句読点も「点」「丸」と声に出して行うのがポイント。

   短い時間で簡単にトレーニングできる実践的なアドバイスだ。私も「お前の話は、もごもごして聞き取りにくい」とよく母親に言われる。親だから注意してくれるのだろう。他の人にもそうだとしたら、えらい減点ポイントだ。さっそく試してみよう。

ちばっち

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中