2019年 10月 16日 (水)

毎日支局長の飲酒運転記事 ネットで批判受ける

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   毎日新聞大分県版の記事がネット上で批判にさらされている。公務員や新聞記者の飲酒運転が懲戒免職などの重い処分を受けていることについて疑問を呈する内容が盛り込まれた記事だった。さらに、批判は「格差社会の憂さを公務員たたきで晴らしていないか」という見方にも一理ある、という部分にも向けられた。

即、懲戒免職にするのは疑問がある、と主張

大分支局長が執筆している「おおいた評論」。ネット上で波紋を呼んだ
大分支局長が執筆している「おおいた評論」。ネット上で波紋を呼んだ

   批判にさらされているのは2006年9月25日の大分県版に掲載された毎日新聞大分支局長が執筆した「おおいた評論」。「ことわざから」と題された記事のなかで、支局長は、

「飲酒運転をした公務員を事故の有無にかかわらず即、懲戒免職にするのは、法律の『比例原則』に基づいて疑問がありはせぬかと先週の当欄で書いた。(中略)大分でも県土木建築部職員が飲酒運転で事故を起こし逮捕された。県庁には1週間で100本を超す抗議が寄せられたそうだ。大半が懲戒免職を求める内容だったという。『飲酒運転は誰でも起こしうる。今日の被害者が明日は加害者になるかもしれない。格差社会の憂さを公務員たたきで晴らしていないか』というのが先の(前出の)弁護士の見立て。一理あるのでは。罪なき者のみ石もて打て。」

   などと述べている。この評論のなかでは、飲酒運転に対する厳罰が一過性のものでは困るとの主張も書かれているが、ネット上では「飲酒運転を容認している」と捉えられたようだ。2ちゃんねるでは次のような批判のカキコミがある。

「毎日新聞が飲酒運転肯定したってこと?これって凄く反社会的な行為なんじゃないの?」「よくこんなことを平気で記事にできるなぁ」「飲酒運転したやつを擁護するやつはおかしい」「アカピの記者が懲戒免職になったから恐れているんだろ>毎日ウンコ記者」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中