2021年 2月 27日 (土)

「宇宙戦艦ヤマト」復活編 劇場公開はいつなのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   一世を風靡したアニメ「宇宙戦艦ヤマト」。2006年夏の劇場公開を目指して製作が進んでいると報道されたが、公開予定の夏も過ぎ、今どうなっているのだろうか。

新作のヤマトはどうなった??
新作のヤマトはどうなった??

   朝日新聞に「宇宙戦艦ヤマト」20年ぶり復活。06年夏新作公開へ」の見出しが躍ったのは04年7月20日のこと。紙面に載ったイメージカラー写真を提供したのはエナジオという会社で、エナジオはこの記事をホームページにも掲載した。ファンはヤマトの復活を楽しみにし、ネット上には「ヤマトの新作状況はエナジオのホームページで確認できる」というカキコミも出ていた。

権利を巡り、裁判沙汰

   朝日新聞には、新作ヤマトのあらすじが紹介され、「公開予定は06年夏で、全国400館規模で上映する計画だ。テレビ放映も予定しているという。制作費は約25億円」と書かれている。新作の題名は「宇宙戦艦ヤマト 復活編」(仮題)。原作は1作目から製作に携わってきた西崎義展氏。プロデューサーは映画「リング/らせん」のプロデュースを始め、カンヌ映画祭など国際映画祭で数多く受賞している仙頭武則氏、となっている。

   「宇宙戦艦ヤマト」の製作に関する著作権はプロデューサーをした西崎義展氏が持っていたが、同氏の会社ウエストケープコーポレーションの破産などに伴い、作品群の著作権等は東北新社に包括譲渡された。
   しかし、その後アニメ作品「宇宙戦艦ヤマト」の著作者は誰かをめぐり、民事訴訟が発生し、最終的に西崎氏側の権利が確定した。西崎氏と関係が深いエナジオは「ヤマト」の新作が製作できることを確認し、04年7月12日、「劇場用アニメ『新宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(仮題)の 制作について、「宇宙戦艦ヤマト」の著作権者である(株)東北新社と協議に入った、と発表した。その流れで書かれたのが朝日の記事のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中