2020年 9月 29日 (火)

Vistaは最低の品質? MS元会長ブログで暴露

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   発売が迫ってきたWindows XPの後継OS(基本ソフト)、「Windows Vista」。操作性や安全性が向上するというが、「これまでのOSで過去最低の品質」という声も聞こえてくる。しかも、その「声」の発信源が、米マイクロソフト社(MS社)の副社長まで務めた人物なのだとなると、穏やかではない。何故、こんな声が飛び出したのか。

   「最低品質」発言が飛び出したのは、MS社日本法人の初代社長や、会長などを務めた古川亨さんのブログの「大浦博久氏のマイクロソフト退社と昨今のマイクロソフト事情」と題する2006年10月4日付けの記事だ。

日本法人の最高技術責任者を務めた経歴の持ち主

古川さんのブログ。「2005年9月のバックナンバーをクリックしますと、IEが暴走して死にます」との注意書きがある
古川さんのブログ。「2005年9月のバックナンバーをクリックしますと、IEが暴走して死にます」との注意書きがある

   同ブログは、古川さんが日本法人の最高技術責任者(CTO)と米MS社の副社長を兼任していた04年9月にオープンし、頻繁に更新されている。古川さんは05年6月にMS社を退職し、現在では「慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構教授」をしている。

   同ブログによると、06年10月2日、MS社日本法人の常務取締役を務めた大浦博久氏が退社するのにともなってパーティーが開かれ、その席で、古川さんがブログで利用しているMS社のサービス「Windows Live Space」の担当者に、サービスの不具合について苦情を言ったのだという。この苦情に対して、担当者から帰ってきたのが、こんな言葉だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中