流行語大賞狙う 「急にボールが来たので」

印刷

   自由国民社の『現代用語の基礎知識2007年版』に、サッカー日本代表の柳沢敦選手がワールドカップクロアチア戦後にインタビューで答えた「急にボールが来たので」(QBK)が掲載された。2ちゃんねるなどネット上では「QBKを流行語大賞にしよう!!」といった具合に盛り上がりをみせている。

   2006年6月18日のサッカーワールドカップ「日本―クロアチア」戦。0-0で迎えた後半6分。ボールを持った加地亮選手が、クロアチアゴール手前の右サイドからゴール正面に向かって突進していた柳沢選手にセンタリングを出した、その決定的瞬間。柳沢選手はシュートしたが、ボールは相手キーパーの股間を抜け右に力なくそれた。このシーンを覚えている人も多いだろう。結局試合は0-0で引き分け、日本は決勝トーナメント進出を逃した。

2ちゃんねるを中心に「笑える」話題になる

「QBK」、「現代用語の基礎知識」に収録される
「QBK」、「現代用語の基礎知識」に収録される

試合後のインタビューで柳沢選手は、沈痛な面持ちで、

   「ぼくのシュートチャンスはあの一本だけだった。急にボールが来たので。足の内側でければよかったが、外側でけってしまった」(中日新聞06年6月19日)

   と答えた。    この「急にボールが来たので」が「QBK」と書かれ、2ちゃんねるを中心に「笑える」話題になった。06年6月19日に2ちゃんねるに立ったスレッドには、

「急にボールが来て入らなかったらもうどうにもなんないじゃんwww」
「パスするときはアポを取ってからにしましょうwwwwwwwwwwwww」
「急にボールが来たので、キーパーの股抜きをやってみたということか」
「まあ急にボールが来たんならしかたないな 次がんばれ」
「加地はとんでもない奴!人に向かって急にボールを蹴るなんて」
「流行語大賞に決定です」

   などのカキコミが並んだ。
   『現代用語の基礎知識2007年版』の用語解説には「柳沢敦選手の名言。ドイツスポーツ紙ビルトによって『芸術作品』とまで評された」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中