2019年 1月 23日 (水)

コンビニおでん 不衛生説を追う

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   おでんを置いてあるコンビニが増えている。だが、衛生面を巡ってちょっとした論議が起きている。「なぜコンビニのおでん鍋に蓋をしないのか」といった疑問だ。とりわけ、大手のコンビニチェーンam/pmが販売を見送っているのが、「不衛生説」を加速させている。

am/pmは「意見を差し控えたい」

2ちゃんねるでも、コンビニおでんの蓋をめぐり意見がさまざまだ
2ちゃんねるでも、コンビニおでんの蓋をめぐり意見がさまざまだ

   全国1300店舗を展開するam/pmでは、おでんを取り扱っている店舗は非常に少なく、全国でも2、3店舗しかない。いわば、実験的な扱いだ。その理由をJ-CASTニュースがam/pm広報担当者にたずねると、

「おでんを販売する、しないは、さまざまな理由からで、それを細かく説明することはできない」

   と答えた。さらに、「さまざま理由」が何かを尋ねると、「他のコンビニへの批判となるような意見は差し控えたい」という。暗に「衛生面で不安がある」ことを示唆したものだ。 実際、2ちゃんねるなどネットでは、

「俺はフタしてないから(コンビにで)おでん買わないけどな」 「つばがたくさん入ってんのによく買えるなほんと 」 「小さい虫もたくさん入ってるよ」

   といった、コンビニおでんの衛生面を不安視する声も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中