ヌルヌル秋山余波 資生堂もCM起用断念

印刷

   2006年大晦日に行われた格闘技イベント「K-1 Dynamite!!」で、体にクリームを塗るなどの反則行為を行ったとして無期限出場停止処分を受けた秋山成勲選手をめぐる動きが止まらない。日清食品がスポンサーを降りたのに続いて、資生堂が同選手のCM起用を断念した。これは、ネット社会での評判を企業が無視できない時代にきたことを示したものだ。

何もなければ、そのまま起用されていた

秋山選手が対戦した桜庭選手は、CMで元気な姿を見せている
秋山選手が対戦した桜庭選手は、CMで元気な姿を見せている

   資生堂は2007年2月21日、男性向け化粧品ブランド「ウーノ(uno)」から、全11品目11品種を発売した。同日CMの放映も開始され、チェ・ホンマン、タイガーマスクをはじめとする格闘家や、山崎邦正、アニマル浜口といったタレントなど、総勢19人が起用されている。CMはウェブサイトでも公開され、コミカルな演技を楽しむことができる。

   起用された人数が「19」というのも、半端な数字だ。本来ならば、20人起用されるはずだったのが1人「脱落」し、19人となったことが、J-CASTニュースの取材でわかった。

   J-CASTニュースでも既報のとおり、 秋山選手を追及するサイト「すっごい滑るよ!」にはアクセスが殺到。日清食品がスポンサーを降りたのを受けて、同サイトでは各スポンサーの動向が注目されており、「資生堂がCM中止」という情報も流れていた。

   資生堂広報部は、J-CASTニュースの取材に対して、こう話す。

「06年10月に秋山選手の起用を決めていましたが、秋山選手が出場停止処分を受けたため、秋山選手側とも協議の上、起用しないことを決めました。何もなければ、そのまま起用されていたと思うのですが…」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中