2019年 7月 20日 (土)

女子フィギア報道巡り 中央日報またまた「炎上」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   中央日報の日本語版サイト(「ジョインスドットコム」)がまたしても「炎上」に見舞われている。「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの(金妍兒)選手のほうが好き」とするネット上の反響が日本でもあったとする記事が「炎上」の発端だ。同サイトは2007年1月にも、秋山成勲選手について述べた記事で「炎上」したことがある。

「安藤、浅田両選手より金妍兒選手のほうが好き」

フィギア選手権をめぐり中央日報サイトがまたもや「炎上」
フィギア選手権をめぐり中央日報サイトがまたもや「炎上」

   中央日報・日本語版サイトは2007年3月25日、世界フィギュア選手権で韓国の金妍兒(キム・ヨナ)選手が3位になったことについて、「日本ネチズンも金妍兒の演技を賞賛」と題した記事を掲載。それは次のような内容だ。

「24日の世界フィギュア選手権で惜しくも3位に終わった金妍兒に対し、韓国だけでなく日本のファンも激励と賛辞を送っている。日本ファンは金妍兒の美しい演技に称賛を惜しまなかった。この日の演技を見た日本の金妍兒ファンらは中央日報ジョインスドットコム日本語版ホームページに接続し、300件以上のコメントを書き込んだ」

   そして、「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの選手のほうが好き。今回は残念だったけど、次はがんばれ。それにしてもアジアのフィギアのレベル高いね」といった金妍兒を絶賛するコメントを紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中