2020年 7月 2日 (木)

東京-札幌片道5千円 大丈夫か?「激安」スカイマーク

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   東京-札幌片道5,000円。ゴールデンウイーク(GW)から6月にかけてこんなバーゲン価格を設定しているのは、新規参入組の航空会社スカイマーク(東京)。あまりの「価格破壊」ぶりに「大丈夫なのか」と関係者から不安の声も上がる。

   「スカイバーゲン 4/28~6/30のご搭乗分がなんと5,000円」。スカイマークのホームページの一番上にある「羽田-札幌線」をクリックすると、次にこんな表示が現れる。「発売日はご搭乗日の2カ月前から49日前まで」の限定付き。発売は、2007年2月末から始まっている。スカイマーク経営企画室によると、使用している170人クラスから300人クラスの航空機の内、何席分を5,000円で販売しているかは「明らかにしていない」。

午前中だけで全便完売する日も少なくない

スカイマークのホームページ。5,000円バーゲンを伝えている。
スカイマークのホームページ。5,000円バーゲンを伝えている。

   「すごい。衝撃の安さと思った」と発売当初を振り返るのは、東京-札幌線を就航するある航空会社の関係者。同路線を就航する、スカイマーク以外の3社の料金をみると、GW期間内でも日によって違いがあるが、1カ月前後の事前購入を使っても片道1万~1万2,000円はかかる。

   スカイマークは、札幌線就航1周年を記念して今回のバーゲンを始めた。GW期間中は「繁忙期」の稼ぎ時として、料金をやや高めに設定する社もある中での大幅値切りに、スカイマークは「即日完売が続いています」という。搭乗日2カ月前の9時30分からの予約受付に対し「午前中だけで全便完売する日も少なくない」。5,000円が購入できなかった人がそのまま同社の予約をするなど「波及効果も出ている」と分析している。

   ちなみにこの時期の片道の通常料金(定価)は、日航全日空が3万700円。同じく新規参入組の北海道国際航空(エア・ドゥ)は、2万4800円で「道民割引」を使っても1万9,000円だ。スカイマークは1万7,800円でほかに比べると、通常料金も安い。

   こうした状況に、他3社は表向き「対抗措置は取っていない」と静観の構えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中