2018年 12月 17日 (月)

ブログ炎上「犯人」を命名 「ネットイナゴ」が定着?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ブログに大量のコメントが殺到して手の施しようがなくなることを「炎上状態」と呼ぶが、従来は「ネット右翼」なるものによって引き起こされる現象だととらえられてきた。ところが最近は、代わりに「ネットイナゴ」という呼び名が提唱され、定着しつつある。ただ、「イナゴ」は、ブログのみならず、様々な箇所に群れ、相変わらず旺盛な食欲を発揮しているようだ。

「悪意も善意もない。あるのはただ食欲のみ」

「はてなブックマーク」には大量のコメントが寄せられる
「はてなブックマーク」には大量のコメントが寄せられる

   2006年5月5日の朝日新聞では、弁護士の小倉秀夫さんのブログが炎上した例を紹介、炎上の原因は「ネット右翼」だとして「数年前からネット上で使われ出した言葉」として紹介している。そして、「ネット右翼」を、以下のように定義している。

「自分と相いれない考えに、投稿や書き込みを繰り返す人々を指す。右翼的な考えに基づく意見がほとんどなので、そう呼ばれるようになった」

   「右翼」とは言っても、左翼的な発言をした場合に限ってブログが炎上する訳ではなく、政治とは全く関係のない反社会的な言動(飲酒運転の告白など)でも炎上は多発することから、「炎上を引き起こす犯人」の他の呼び方が議論されるようになった。

   06年5月下旬には、コメント欄に群がる様子をイナゴの大群に例える「ネットイナゴ」という言葉が提唱された。ある個人ブログでは、「ネットイナゴ」という単語がグーグルの検索にヒットする件数を継続的に記録しており、それによると、ヒット数は06年5月~6月に急激に増加、ネット上で認知度が高まっていった様子がうかがえる。

   ネット以外の紙媒体でも、「ネットイナゴ」という言葉が紹介され始めた。07年2月22日には産経新聞(大阪夕刊)のコラム「ネットウォッチング」が

「『祭り』に群れ集う人々に対して『ネットイナゴ』なる言葉が用いられるようになったが、『ネット右翼』として、若者の右傾化に関連付ける議論よりは、よほど適当な表現に思える。イナゴには悪意も善意もない。あるのはただ食欲のみだ」

と特色を論じ、この用語が広く知られるようになった。なお、この「ネットウォッチング」は、毎日新聞 の連載「ネット君臨 」が2ちゃんねるを話題にした際に、「一面的な分析」「的を外した理解」などと批判したコラムでもある。

   前出のブログによると、6月下旬では10万弱だった「ネットイナゴ」という言葉のヒット数だが、約1年が経った現在では、5倍強の約55万件がヒットする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中