2019年 8月 18日 (日)

外務副大臣ブログで「大誤報」 「罷免、謝罪」要求される

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   無戸籍の滋賀県の女子高生(16)が、現在の氏名でパスポートを発券してほしいと願い出た問題で、岩屋毅外務副大臣が女子高生の母と前夫が「正式な離婚は成立していない」から発券は無理だと自身のブログに書き込んだ。それがきっかけで「女子高生と支援団体はオカシイ」などのバッシングがネット上で燃え上がり、騒然となっている。しかし、離婚は成立、岩屋外務副大臣の勘違いだったことがわかり、今度は副大臣の対応に批判が出ている。

「2ちゃんねる」では猛烈なバッシングが起きる

ブログには、「誤報」を詫びる文章が掲載された
ブログには、「誤報」を詫びる文章が掲載された

   この問題は、女子高生が修学旅行で海外に行くためパスポートを07年1月に申請したが、無戸籍を理由に発券を断られた。無戸籍なのは、母親が前夫のDV(家庭内暴力)を恐れ避難。離婚成立前に前夫の子ではないこの女子高生を出産したものの、出生届が出せなかったからだ。女子高生は支援者らと1万4603人の署名を集め、07年6月12日に麻生太郎外相と面会し、現在の父の姓でのパスポート発券を改めて願い出た。外相は「(現在の名前を記載すれば)偽造パスポートになる」などとしながらも、「特例」で現在の姓と前夫の姓を併記することを条件に発券を認めた。

   ここまでは美談的なのだが、女子高生は、

「一度も使ったことのない見知らぬ人の名前で(修学旅行に)行きたくない」

とし、パスポートの取得を拒否する記者会見を行った。ネット上ではもともと同情や応援のカキコミがあったが、パスポートの発券を断ったため、「2ちゃんねる」では、

「善意を踏みにじるってこういうことなんだろうな」
「かわいそうだなって思ったが、これには裏があるのか?」
「何でも人のせいにするこの親子の体質は」

などバッシングが起こってくる。

   そのバッシングをさらに燃え上がらせ、様々な憶測を呼ぶ事になったのが岩屋副大臣のブログ「たけしの国会日記」の2007年06月21日付けだ。内容は、今回のパスポート問題で、麻生外相が「悪者」にされているのは違う、という書き方で、こんな説明をしている。

「本件の場合、正式な離婚は成立していないのですね。お子さんはお母さんが前夫と婚姻関係にある間に他の男性との間に産まれているのですが、離婚が確定していない以上、民法上は前夫の子とみなさざるをえないのです」

   この説明が「2ちゃんねる」に相当数引用されていて、女子高生の家族、支援している団体について様々な憶測とバッシングが改めて繰り広げられるようになった。これに驚いた支援者らは、「母親の婚姻関係については事実と違う」と、外務副大臣の罷免を要求する抗議文を07年6月25日に麻生外相に送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中