2020年 1月 20日 (月)

安倍「退陣せず」56.5%  予想アンケート結果

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2007年7月29日投開票の参議院選挙の結果を受け、安倍晋三首相が「退陣するのか」「しないか」。J-CASTニュースが尋ねたアンケート結果がまとまった。「退陣しない」が全体の56.5%を占めたが、理由としては、「自民党は大敗を避けられるから」「自民党は大敗するが、(安倍首相は)超鈍感力の人ですから」という具合に、見方が大きく二つに分かれている。

「超『鈍感力』の人だから」退陣なし

アンケートでは「退陣せず」説が有力だ
アンケートでは「退陣せず」説が有力だ

   総投票数145のうち、「退陣しない」が82票で「する」の28票に大きな差をつけた。分類不明の票も35票あった。分類不明のコメントの中には、退陣予想には触れず「退陣してほしい。大臣の不祥事多すぎ」「失政もないのに退陣すべきではない」など希望や「退陣すべき」論が多数あった。

   「退陣しない」の理由は様々だった。比較的目立ったのは、「安倍首相が選挙結果を気にしないから」という趣旨だった。自民党の大敗を予想した上で「なぜ選挙に負けたのかが理解出来ず居座り続けるでしょう」(inaka_no_take)、「みんな晋ちゃんが『空気が読めない』ことをわかっているのだから」(けいいち)、などの意見が寄せられた。また、選挙結果には直接は触れないものの、「民意を理解しているとは思えないので」(無記名)、「国民の声を聞かない人ですから」(PaleAle)、「安倍は超『鈍感力』の人だから」(無記名)と、ある程度の自民党敗北を前提とした予想も多かった。

   一方、自民党は大敗しないから「退陣しない」という理由もあった。「大敗は避けられると思う」(いわゆるX)、「世論調査ほど負けないような気がする」(ogu)など。また、選挙結果の予想はせず安倍首相をかばう内容も少なくなかった。「政策的に大きなミスもない」(無記名)、「官僚と対決するのは、本当に大変なんだ(略)安倍さんには結果に右往左往せず、改革を断行してほしい」(無記名)などだ。「(安倍首相の)後継となる人材がいない」(metro)という分析もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中