2019年 1月 23日 (水)

2ちゃんねる「削除人」人数 100人と「ひろゆき氏」明かす

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   巨大掲示板「2ちゃんねる」は、その管理をめぐって数々の訴訟を抱えている。誰がどのように管理しているのか、必ずしも明らかになっていなかったが、管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏に対して起こされた訴訟の中で、運営の一端が明らかになった。

「削除人」と呼ばれるボランティアが作業を行う

削除人の数は100人だそうだ
削除人の数は100人だそうだ

   2ちゃんねるをめぐって起こされる訴訟の中には、名誉棄損にあたるとされた書き込みが削除されないまま問題視されるケースが少なくない。問題のある書き込みの削除を要求する際の手続きは、2ちゃんねる内の専用の掲示板に、削除要請の書き込みを行う、というのが基本的な手続きだ。

   削除要請を確認した「削除人」と呼ばれるボランティアが、実際の削除作業を行う、とされてきたが、具体的なオペレーションの詳細が明らかにされることは少なかった。しかも、報道された場合でも内容にばらつきがあるのだ。

   例えば、アエラの04年7月12日号では、削除人の数は「300人」とされ、削除人のひとりが、このように内情を語っている。

「自分が楽しんでいる場を、自分できれいにしてるだけ。まあ自警団みたいなものですかね。でも、2ちゃんが企業運営になったら、削除人はやめるかな」

   その一方で、ネットコミュニティーで批判を浴びた、毎日新聞07年初めの連載企画「ネット君臨」では、削除人の数は「150人」、特定のスレッドを立てる権限を持つ「記者」の数は「200~300人」だとされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中