2019年 7月 21日 (日)

「Web2.0何も生み出していない」 ひろゆき氏一刀両断

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   巨大掲示板「2ちゃんねる」の管理人、「ひろゆき」こと西村博之氏(30)が、2007年10月14日、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の学園祭でトークライブを行った。ひろゆき氏は「セカンドライフ、何が面白いのか」「Web2.0で何も生まれていない」などと「はやり物」を次々に一刀両断にして会場を沸かせたほか、「ニコニコ動画」についてのやり取りも活発に行われた。

あんまりネットって、面白くないですよ

ひろゆき氏が講演会に登場するのは、ほぼ1年ぶりだ
ひろゆき氏が講演会に登場するのは、ほぼ1年ぶりだ

   トークライブは、司会者や観客が、ひろゆき氏に次々に質問していく、という形式で進められた。
   ひろゆき氏は、最近の「流行キーワード」を「結局は何も変わっていないではないか」と次々に批判。例えば「Web2.0」という言葉については、「どちらかと言えば嫌いな部類」とした上で、

「Web2.0って言って、そのとおり新しいものが出来たかっていうと、別にそうでもなくて、なんか『Web2.0企業』って名乗った会社が上場して、一般投資家からお金を集めて株価が下がって困ったりとか、ひたすら本を売っていて中身のない本が売れている、みたいな状況になっていて…。新しい価値が生まれたのかと言えば、別に何も生まれてない気がする」

と、結局は看板に踊らされただけで何も生み出していない、と指摘した。

   同様に、iPodの新機種である「iPod Touch(アイポッド・タッチ)」も

「何が出来るかっていうと、音楽が聴けるとか、今までのiPodと、そんなに変わらないじゃないですか?でも、それに対してお金どんどん投資してなんか良いことあるの?って思いますよね」

   まだ米国でしか発売されていない米アップル社の携帯電話「iPhone(アイフォン)」に至っては、

「アメリカ国内で使う分にはいいと思うんですけど、日本で使えない電話を、わざわざなんか1,000ドルとか出して買ってるやつは頭が弱いんじゃないか」

   オンライン上の仮想3次元空間「セカンドライフ(Second Life)」についても、

「一応ログインしてみたのですが、20分ぐらいで飽きてしまって…。何が面白いか全く分からなかったですよ。画がしょぼいし、やれることも少ない」

と切って捨てた。また、ウェブの世界一般についても、

「あんまりネットって、面白くないですよ?予算でいくと、映画が一番大きいじゃないですか?2時間に対して、数十億とかかける訳じゃないですか。ウェブサイトって、どんなに頑張っても、サイトに1億円かけることってないですよ。お金かけるってことは、それだけ頭のいい人が集まって、色々頑張って、面白いものをどーんと作る訳じゃないですか?そういう意味でいくと、映画とかテレビの方がよっぽど面白くて、次にゲームがあって…」

と、かけられる費用の違いを根拠に「映画やテレビほどネットは面白くない」との見方を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中