2018年 7月 24日 (火)

大証の大株主に米投資顧問会社のキネティクス

印刷

米国の投資顧問会社キネティクス・アセット・マネジメントは2007年11月13日、大阪証券取引所の発行済み株式総数の5.02%を取得していることを明らかにした。同社が関東財務局に株式の大量保有報告書を提出した。保有目的は投資一任契約に基づく顧客の資産運用。大証によると、筆頭株主は、株主名簿ベースではCSKホールディングスが6.14%(3月末時点)だが、株式の大量保有報告書ベースではCSKのほか、フィデリティ投信が9.93%、インダス・キャピタル・マネジメント・エル・エル・シーが5.01%を保有している。キネティクス・アセット・マネジメントはこれらと並ぶ大株主となった。大証はこの影響について、「まだよくわからない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中