毎日記者、ライブ会場で女子大生に触って逮捕

印刷

毎日新聞大阪本社の男性校閲記者(43)が人気バンドのライブ会場で女子大生の体を触ったとして大阪府迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで大阪府警に逮捕されていたことがわかった。調べによると、記者は2007年12月4日、大阪市住之江区のライブ会場で、前に立っていた女子大学生(20)の脇腹を触ったり、体を密着させたりした疑い。
記者は女子大生に取り押さえられ、住之江署員に引き渡された。記者は「ストレスがたまっていた」などと供述しているという。容疑を認めたため、6日に釈放された。毎日新聞大阪本社代表室では、「誠に遺憾です。今後の捜査を見守り、厳正に処分します」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中