2018年 10月 22日 (月)

デスノートに「似てる、似てない」 少年サンデー連載ネットで話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   小学館週刊少年サンデーで連載が始まった漫画が、人気漫画「デスノート」に設定などが似ているのでは、とネットで話題になっている。ただ、登場人物の描写など、両漫画には違う部分も多い。

退屈さ感じて人類浄化目指す主人公

サンデーの「ロストブレイン」(右)と「デスノート」単行本第1巻のワンシーン
サンデーの「ロストブレイン」(右)と「デスノート」単行本第1巻のワンシーン

   似ていると指摘された漫画の名前は、「ロストブレイン」。週刊少年サンデー2007年12月12日発売号から連載が始まった。「衝撃新連載!!!」との触れ込みでこの号の巻頭を飾り、第1話は64ページにわたって載っている。表紙では、「サンデー期待の新鋭コンビが放つ空前絶後の『超心理』サスペンス」と紹介されている。

   一方、「デスノート」は、集英社の週刊少年ジャンプで2003年12月から06年5月まで連載され、テレビアニメや実写映画にもなった人気作。すでに、12巻まで単行本になっている。

   両漫画を比べて読むと、確かに類似点がいくつかある。主人公の少年は、ともに学校一の秀才だが、日常生活に退屈さを感じている。そして、何かの力を借りて、人類を浄化したいとの衝動に駆られる。

   デスノートでは、名前を書き込んだ人が死ぬノートによってそれを実現しようとする。これに対し、ロストブレインでは、まだ触りに過ぎないものの、催眠術によってそれを実現しようとするとも読める。デスノートでは、主人公にノートを渡したのが死神で、ロストブレインでは、主人公が学ぼうとしているのが催眠カウンセラーだ。

   少年サンデーでは、連載漫画のページ余白に、原作者と作画者が紹介されている。原作者は、「初の週刊連載、楽しみや緊張など様々な思いで一杯です。本作は、一風変わった題材を扱った漫画ではありますが、皆さんに楽しんでいただけたら本望です」とあいさつ。作画者は、「ついにこの場所に連載コメントを載せることが出来ました。原作の面白味を、どう表現したら上手く伝わるか、苦労もしましたが、こうして読者の前に出すことができて感慨もひとしおです」。ともに、新人だけに初々しいコメントが並んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...