2018年 7月 19日 (木)

「アイフル」が「株式会社アイフル」を提訴

印刷

   消費者金融大手の「アイフル」が、同社の本社(京都市下京区)真向かいに、同社とは何の関係もない「株式会社アイフル」が法人登記していることを発見し、07年12月14日に商号の使用差し止めを求める訴えを京都地裁に起こしていたことがわかった。「株式会社アイフル」の法人登記は07年9月26日。「アイフル」広報によれば、07年10月22日に商号変更などを求める内容証明を送付した。輸入業をしているという「株式会社アイフル」代表から「貸金業をしているわけではないので問題はない」という返答があり、07年11月に双方の面会の日時を決めたが、「株式会社アイフル」代表は現れず、連絡が取れなくなっているという。「アイフル」広報は今回の訴訟について、

「今のところ実害は出ていないが、株式会社アイフルが届け出ている住所は架空のもので、弊社の住所に近い。弊社と誤認されるおそれがあり、今後何かあってはいけないので提訴した」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中