2019年 9月 19日 (木)

超高級ブランド携帯が続々上陸 1000万円!買う人いるの?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2007年から人気ブランドとコラボレーションした高級携帯電話「ブランドケータイ」が話題になっていたが、販売価格が1000万円もする「超高級」が早ければ2008年秋にも日本に上陸する。世界最大の携帯電話機会社ノキアのブランド「Vertu」がそれだ。現在48ヵ国で販売されているが、日本ではほとんどしられていない。ほかにも高級ブランドが進出するという。本当に売れるのだろうか。

「ステータスシンボルとして買われる商品です」

高級ブランドケータイは売れるのか(「Vertu」ウェブサイトより)
高級ブランドケータイは売れるのか(「Vertu」ウェブサイトより)

   「Vertu」はノキアのブランドで、世界48ヵ国で同ブランド専門店、百貨店、高級時計・宝石店のみで販売されている。宝石や貴金属をあしらっていることで「ラグジュアリー携帯」などとも呼ばれている。価格の中心は日本円100万円前後だが、高いものになるとオーダーメードで1000万円を超えるのだという。

   関係者はJ-CASTニュースの取材に対し、

「ステータスシンボルとして買われる商品です。素材の良さ、完成度の高さを認めて買っていただきたい」

と話している。「Vertu」の従来の機種は、日本の通信システムと互換性がなかった。ところが、日本で利用できるW-CDMA方式端末を開発、満を持して日本市場に登場するわけだ。しかし、こんな高額なケータイは売れるのだろうか。先の関係者は、

「富裕層が主なターゲットになります。海外で認められているブランドですので、日本でも売れるのだろうと考えています」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中