2019年 9月 19日 (木)

コンビニの2007年売上高 客単価下がり減少

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本フランチャイズチェーン協会が2008年1月21日に発表した「CVS統計年間動向」によると、2007年のコンビニエンスストアの売上高(既存店ベース、主要11社)は6兆8134億円で、前年比1.0%減少した。年間来店客数(既存店ベース)は116億4411万人で前年比0.1%増加したが、年間平均客単価(同)が585.3円と前年比1.1%減ったのが響いた。

   売上高の推移をみると、07年は猛暑の影響で夏場は一時好転。飲料や冷菓類が売れた9月は0.1%のプラスとなったものの、年間を通じては販売減に歯止めがかからなかった。なお、CVSの12月末現在の店舗数は4万929店で、前年比0.8%プラス(純増313店)。全店での売上高は1.3%増の7兆3631億円だった。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中