2020年 2月 21日 (金)

AKB48の「景品商法」中止 「独禁法に抵触する恐れ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「悪徳商法でないか」と問題になっていたアイドルユニット「AKB48」の新作シングルをめぐるポスター景品商法が中止に追い込まれた。「独占禁止法に抵触する恐れがある」として、シングル販売を手掛けるデフスターレコーズが2008年2月28日、公式サイトで発表した。

イベント「春の祭典」も中止に

AKB48の公式サイトでイベント「春の祭典」の中止が発表された
AKB48の公式サイトでイベント「春の祭典」の中止が発表された

   問題の景品商法は、AKB48 が2月27日にリリースしたシングルCD「桜の花びらたち2008」にからめたキャンペーン企画として実施されていた。東京・秋葉原の「AKB48劇場」でシングルを買うとメンバーのソロポスターがプレゼントされ、44人全員のポスターをそろえるとAKB48のイベント「春の祭典」に招待されるというものだ。

   しかし、シングル購入時にポスターの種類を選べないシステムになっていたため、44枚すべてをそろえるためには買ったシングルの多くを捨てるか、交換・売買をしなければいけないという問題があった。

   このシステムに対して、ネット上では「違法すれすれの悪徳商法ではないか」などと批判が高まっていた。また、ネットオークションにポスターが多数出品されるという「過熱現象」も起きていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中