2021年 9月 19日 (日)

「シー・シェパードはずるい奴」 カナダ閣僚がモーレツ非難

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本の調査捕鯨団に対する妨害活動が問題化した米環境保護団体「シー・シェパード」が、今度はカナダ政府と対決姿勢を強めている。カナダの沿岸警備隊が、アザラシ猟を監視していた同団体の船を拿捕(だほ)、乗組員2名を逮捕したもので、カナダの閣僚は「シー・シェパードの唯一の狙いは、資金提供者からカネをむしりとること」と非難。一方で、シー・シェパード側は「(拿捕は)戦争行為」などと猛反発している。

   カナダの漁業海洋省は2008年4月12日、シー・シェパードが所有するオランダ船籍の船舶「ファーレイ・モワット号」を拿捕し、乗組員2名を逮捕した、と発表した。

「カネをたかる、ずるい連中が沢山いる」

「シー・シェパード」監視船が狩猟現場に接近する様子をとらえた写真(カナダ漁業海洋省(Fisheries and Oceans Canada)ウェブサイトより)
「シー・シェパード」監視船が狩猟現場に接近する様子をとらえた写真
(カナダ漁業海洋省(Fisheries and Oceans Canada)ウェブサイトより)

   カナダでは3月28日に08年シーズンのアザラシ猟が解禁され、タテゴトアザラシについては、27万5000頭を上限に捕獲できる。シー・シェパードはアザラシ猟に反対しており、同船が監視活動を続けてきた。拿捕当時の状況について同省は、監視船は猟の現場近く900メートルまで接近して狩猟者の安全をおびやかしたほか、カナダの領海から出るように再三求められたにもかかわらず、従わなかったと発表している。

   ハーン漁業海洋相は、

「船の前進を許して、もし誰かが撃たれたり死んだりしたら、誰が責任をとるのか」

と、今回の措置は狩猟者の安全のためであることを強調。一方、シー・シェパード側については、

「カネをたかる、ずるい連中が沢山いる。彼らの唯一の目的は、本当は何が起きているか知らない人々のポケットから、出来るだけ多くのカネをむしり取ることだ」

とこき下ろした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中