2019年 11月 13日 (水)

「編集者は何様だ」今度は「マガジン」 声優批判の「編集後記」にネット騒然

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   週刊漫画雑誌「ヤングマガジン」に書かれた、声優批判の文章がネット上で批判されている。同誌編集者が「編集後記」で書いたもので、「声優は演じたキャラについてTVでのうのうと語るなど調子に乗っていて、役をいただいている、という気持ちの声優に売れてほしい」という内容で、「この編集者は何様だ!?」という批判が出ている。

編集者の「上から目線」が気に入らない?

編集者が思いを綴った「黒ブタMidnight」
編集者が思いを綴った「黒ブタMidnight」

   問題の文章が書かれているのは「ヤングマガジン」の2008年6月30日号。巻末の「編集後記」(黒ブタMidnight)の欄である。そこには、

「昨今の声優の一部は調子に乗っている、と個人的に思う。演じたキャラの心根や背景についてTVなどで原作者さながらのうのうと語りすぎる。誰とは言わないが『お前が作ったキャラじゃないだろ』と思うくらいシレッと語る。なんつーか『役をいただいている』という気持ちを素で持っている人だけが売れてほしいなぁ」

と書かれている。

   これに対してネットでは反発。ブログや掲示板に批判のカキコミが大量に出た。「2ちゃんねる」でも複数のスレッドが立ち、

「別に語って良いんじゃないのか?声優も作品作りに参加しているんだし」
「作者が言うならわかるが、編集者が言うのはどうかと思うな」
「声優や漫画家を下請け扱いして『仕事を回してやってる』という 元請け根性が透けて見えるイヤな文章だ」

   などのカキコミが出ている。

   もちろん「これは正論」「勘違いしたアイドル声優ほど見苦しいものは無い」といった編集者を支持する意見もあるが、議論に発展せず批判が多くなっている理由は、編集者の「上から目線」が気に入らない、ということのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中