2020年 10月 29日 (木)

今売れているのはノート型 低価格パソコン戦争に東芝も参戦 

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東芝は低価格の超小型ノートパソコンを、2008年10月下旬に発売する。すでにアスース・ジャパンが「5万円パソコン」を投入、「EeePC」はヒット商品となっている。PCシェアで世界首位の米ヒューレット・パッカード(HP)が6月に参戦。国内勢も富士通やソニーが名乗りをあげており、ノートパソコン市場の競争は激化する一方だ。

8月のパソコン販売 伸びているのはノートPCだけ

東芝の低価格パソコン「NB100」
東芝の低価格パソコン「NB100」

   電子情報技術産業協会(JEITA)が2008年9月29日に発表した8月のパソコン国内出荷実績よると、出荷台数は前年同月比6.9%増の69万1000台。個人向けが好調で、2か月ぶりのプラスに転じた。

   この個人向けパソコンの伸びを支えているのがノートパソコンだ。出荷台数のうち、ノートPCは17.6%増の47万8000台と伸ばし、全体の構成比で約7割を占めた。出荷金額では同7.1%増の536億円だった。

   一方、デスクトップ型は前年同月比11.1%減の21万3000台。出荷金額でも同17%減の215億円と振るわなかった。その結果、出荷台数は伸びたが、単価の下落などで出荷金額は1.1%減の751億円にとどまった。

   JEITAは、「もともと日本は欧米に比べてノートPCの割合が高いんです。ウィンドウズ・ビスタが出て1年になりますし、Windows XPの駆け込み需要もあるでしょう。いずれにしても2台目需要の高まりがノート型人気の背景のようです」と話している。

   ただし、JEITAのデータにはいま売れているアスース・ジャパンの「EeePC」やヒューレット・パッカード(HP)の「G7000 Notebook PC」などは含まれていない。

   ある家電量販店の話では「買い替えでもノートPCを求めるケースが増えていて、売れ筋は圧倒的にノート型。値下げ競争も激しくなっている」とのこと。これに「5万円パソコン」の登場がノートPC全体の価格を押し下げて、売上げアップに貢献しているといえそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中