2019年 1月 18日 (金)

唐沢俊一、2度目の無断引用 コピーして順番入れ替え?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   作家の唐沢俊一さんが、ブログの記事から無断引用していたことが分かった。1年前にも無断引用しており、今回が2度目。テレビなどで披露しているカルト的な雑学知識は、本当に裏づけがあるのだろうか。

「盗用ではないと思っています」

無断引用されたブログ記事
無断引用されたブログ記事

   今回、無断引用したカルト話も、事実とすれば、衝撃的なまでにオドロオドロシイ内容だった。

   舞台は、メキシコシティにあるアパート。市警が2007年10月8日、悪臭の通報を受けて部屋に踏み込むと、電動ノコギリでバラバラにされた女性の死体が見つかった。引用元のブログ「世界の三面記事・オモロイド」の10月13日付記事によると、そのカルトぶりはこうだ。

「寝室のクロゼットには胴体が、冷蔵庫には片足と片腕が、そしてシリアルの箱には骨が入っていたという。また、鍋には片手と片足(足首から下)が煮込まれており、フライパンの中にはフライにされレモンが添えられた、人肉と思われる肉塊も入っていた」

   部屋にいた男(40)が、交際中の女性(30)を殺した疑いだ。作家を目指しており、部屋から「人食いの本能」という原稿が見つかったという。

   一方、作家の唐沢俊一さんは、これとほぼ同じ内容を「月刊ラジオライフ」(三才ブックス)11月号の連載コラムで紹介した。

   無断引用は、2ちゃんねるで08年10月6日、「あまりにひどいパクリ」と書き込まれて発覚したらしい。その後、ブロガーらの間で話題になり、米カリフォルニア州在住の映画評論家の町山智浩さんも、自らのブログ日記で、「どう見ても、コピーして語順を入れ替え、語尾や単語を変えただけ」と指摘。ネット上では、同様な指摘がほとんどだ。

   月刊ラジオライフ編集部の遠藤悠樹編集長は、J-CASTニュースの取材に対して、こう説明する。

「出典を明記していないのは落ち度と言われれば、確かにその通りです。しかし、盗用ではないと思っています。他人様の文章というよりニュースから引用したものです。コラムは、もともとニュースや過去の文献を参考にして事件を読み解くことが前提になっています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中