2019年 9月 19日 (木)

「ホンダと命がけで戦う!」 石原都知事なぜこれほど怒る

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   都知事の発案で始まった三宅島でのバイクイベントを巡り、協賛を拒否した本田技研工業に対し、石原慎太郎知事の怒りがヒートアップしている。「この大会を意識的に妨害してるんだよ」などと発言。さらに、「取材するな」とホンダがメディアに圧力をかけているとし、「私、命を張っても戦う!。とにかく抗議に行く」などと宣戦布告した。いったい両者に何があったのか。

ホンダは正式な要請がある前に協力を辞退した?

   このバイクのイベントは、噴火災害に遭った伊豆諸島・三宅島の復興を目的に開催された「チャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバル」。2007年11月にスタートし、08年10月に第二回目が開催された。ただし、当初は英国領マン島にならった「国内初の公道レース」の看板を掲げ、運営費も3億円と、離島で行うイベントとしては突出していため、開催まで曲折を重ねた。

   特に「公道」でのレースは地形的に危険度が高いと、バイク業界や専門家が反発。東京都は国内のバイクメーカーをメインスポンサーにしようと目論んでいたが、

「ホンダは都から正式な要請がある前に『安全性が確実とはいえず遠慮したい』(広報部)として、協力辞退を表明」(東京新聞07年4月25日)

   ヤマハ、スズキ、川崎もホンダに倣いスポンサーを辞退。結局は「公道」レースは無くなったが、現在もこの4大バイクメーカーはイベントの協力企業に含まれていない。

   第2回が開催された08年10月17日、石原都知事がイベント開幕のステージに立つと、いきなりホンダを名指し。「この大会を意識的に妨害してるんだよ!」とぶちまけた。

ホンダはモーター関係の雑誌、新聞などに対し、このイベントの記事を書いたら絶対に広告を出さない、と言っている。これは絶対許せないこと。命を張っても戦う。近いうちにホンダの社長と会い文句を言ってやる――

   こんな宣戦布告をしたのだ。08年10月24日に行われた定例記者会見でもこの話題になると、ホンダがイベントを妨害しているという話を何人からも聞いた、とし、

「報道をした人間には、会社には広告料を出さないって。言いかねないわな、これはやっぱり。企業のおごりで。誰がどんな責任で言ったか知らんけども、実際あるわけだから」

とし、ホンダに乗り込み直に社長にものを申す、と宣言した。

   ホンダは本当にイベントを妨害しているのか。ホンダ広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「この件について申し上げることは何もありません。石原知事の訪問については、都から正式な申し出が来ておりません」

と話すだけだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中