2019年 8月 23日 (金)

IBMリストラでまともな会社に? 労組サイトに「元社員」が反論

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   日本IBMの「元社員」を名乗るブロガーが、労組サイトでのリストラ証言に対し、「これでようやくIBMもまともな会社に生まれ変われる」などと反論、話題となっている。「はてな」で400件以上ものブックマークがついた注目ぶりに我慢がならなかったというのだ。やはり一流企業社員は恵まれているのか。

労組サイトで生々しいリストラ証言

「元IBMerの思い出」と題したブログ日記
「元IBMerの思い出」と題したブログ日記

   IBMの労組サイトが注目を浴びたのは、そこに載った生々しいリストラ証言だった。

「社内にはあなたの行き場所はない」
「派遣会社なんかも好条件の仕事がたくさんあるみたいですよ」

   これらの発言は、リストラ対象になったというある社員が2008年10月24日夕、所属長のライン管理職から受けたというものだ。しかも、うつ病を患っているこの社員に対し、管理職らは、病気だからというのは甘えだと主張したという。社員は退職を拒否したものの、それから週1、2回の個室での面談が11月14日までに計7回も続き、ストレスで病状が悪化したとしている。

   サイトを運営するのは、全労連系の労働組合「JMIU日本アイビーエム支部」。11月27日に「『退職勧奨』という名の『退職強要』の実態」などの題で証言を載せ、IBMのリストラを批判して、「そこには人権尊重の考え方のかけらもありません」と過激な主張をしている。

   この労組は、日本IBM全社員約1万6000人のうち百数十人が加入しているに過ぎない。それにもかかわらず脚光を浴び、はてなでも「あこがれのIBMもこうなのか・・」「ひどすぎる」などとコメントがついた。ところが、元社員を名乗るブロガーが、この注目ぶりには我慢がならないとして、はてな匿名ダイアリーで12月1日、「元IBMerの思い出」と題してこれに反論した。

   この「元社員」は、新卒で入社して5、6年勤め、数年前に辞めたものの、IBMについて「本当に恵まれている」と証言した。その一方で、かつて主力だった50代以上の営業やエンジニア経験者が、クオリティコントロールなどの間接部門に配置転換されるなどしたものの、1日中ネットを見たり、ゲームをしたりしていたと指摘。労組は彼らの代弁者だと批判したうえで、「今回の大元となったリストラ報道を聞いたときは、ようやく日本のIBMもまともな会社に生まれ変わることができそうと思いました」とまで言っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中