2019年 6月 19日 (水)

「中川大臣酩酊してませんか」 会見出席記者なぜ質問しない

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   中川財務相のヨレヨレ記者会見で、各メディアの記者が財務相の変調について質問しなかったことが、新聞「声」欄などで批判されている。財務相がワインを飲んだ会見直前の昼食では、記者数人が同席したことも明らかになった。質問が出なかった理由は不明だが、「自主規制では」との指摘も出ている。

マスコミの自主規制?

「居眠り会見で 記者にも不信」

   こんな投書が、朝日新聞の2009年2月18日付「声」欄に載っている。

   投書したのは、千葉県在住の無職男性(70)。その中で男性は、G7終了後の会見では、中川昭一財務相(当時)の居眠りよりもむしろ、各メディアの記者たちから体調についての質問が出なかったことの方が驚いたと明かした。

   ニュースの映像をみれば体調の異変は一目瞭然なのに、記者たちは何をしていたのか、というのだ。男性は、以前から国民が知りたいことでなく、ささいなことを記者が質問して政治家などに媚びているように感じていたと告白。今回のヨレヨレ会見について、「『記者団には戸惑いが広がった』(16日朝刊)とあるが、その『戸惑い』が質問として出ないことが不思議だ。私の不信感は更に募った」と結んでいる。

   では、なぜ会見で記者たちは、中川財務相の体調について質問しなかったのか。財務相の名誉毀損になりかねないためか、プライベートなことを聞くのを遠慮したためなのか。

   いくつかの大手の新聞社やテレビ局に、J-CASTニュースが取材すると、「その件については、コメントしていません」という回答ばかりだった。

   ジャーナリストの上杉隆さんは、政治家との関係や記者クラブの存在が背景にあるとみる。

「マスコミの自主規制じゃないですか。大臣の機嫌が悪くなるからです。それがずっと続いていて、習慣になってしまっていますから」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中