2022年 12月 5日 (月)

「定額給付金使う」麻生首相 その「地元」で起きていること

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   高額所得者が定額給付金を受け取ることを「さもしい。人間の矜持の問題」などと酷評していた麻生首相が一転、「目的が景気刺激ということであれば」と、受け取ることを表明した。あわせて、地元で使いたい意向を示した。もっとも、麻生氏の「地元」の経済状況は極めて厳しく、定額給付金をなんとか消費につなげようと、地元商店街限定で使える「プレミアム付き商品券」の発行を計画中だ。

「消費刺激ということであれば、私も参加する」

福岡・筑豊地方の麻生事務所。ポスターには「まずは、景気だ」とある
福岡・筑豊地方の麻生事務所。ポスターには「まずは、景気だ」とある

   麻生首相は2009年3月2日の自民党役員会で、「当初は生活支援の意味合いが強かったが、今では消費拡大の性格が強くなった」として、定額給付金を受け取る意向を示した。さらに、「地元で使いたい」とも述べた。麻生首相は08年12月、高額所得者が定額給付金を受け取ることについて「さもしい」と論評。波紋を呼んだことは記憶に新しいが、自身が定額給付金を受け取るかどうかは明らかにしてこなかった。

   同日夕方の囲み取材でも、

「私としては、定額給付金は受け取ります」
「今は(目的の)比重が大きく変わりましたから、消費刺激ということであれば、私も参加する」

と方針転換の理由を説明した上で、記者が

「具体的な用途は決まってるんでしょうか?」

と、「地元で使う」の具体的な内容を尋ねると、

「『何に使うかという用途まで、なんであなたに説明しなきゃいけないの? 』とおちょくるようなことはやめて下さい、と誰かに言われたけれども…。家内と相談します」

とかわした。

   定額給付金は、1人あたり1万2000円だが、麻生氏は65歳以上のため、受給額は2万円だ。2万円にポケットマネーを足した上で、「地元」である福岡県飯塚市で商品を購入したい考えのようだ。

   ただ、首相の地元の経済状況は厳しいのが現状だ。

   例えば、日本銀行福岡支店は09年3月2日、「九州・沖縄の金融経済概況」を発表。

「九州・沖縄の景気は、さらに悪化している」
「生産は減少幅がさらに拡大し、雇用・所得環境は厳しくなっている」

と、厳しい見通しを明らかにしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中