2018年 9月 24日 (月)

深夜アニメ版「源氏物語」 「性描写過激すぎる」と波紋

印刷

   「源氏物語千年紀」にちなんで制作されたアニメが、思わぬところで評判になっている。原作とはかけ離れた設定や、性描写の多さが、波紋を呼んでいるようなのだ。一方、「もともと源氏物語は、主人公の恋愛遍歴を綴ったものなので問題ない」などとする擁護論も根強い。

「ドロドロとエロさが無ければ源氏物語ではない」

   評判になっているのは、2009年1月から、フジテレビ系の木曜深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されている「源氏物語千年紀Genji」と呼ばれるアニメだ。

   源氏物語の作者である紫式部が1008年11月1日の日記で、初めて源氏物語について記述したとされていることから、その1000年後の2008年は「源氏物語千年紀」として、関西地区を中心に様々なイベントが開催された。このアニメも、「源氏物語千年紀」にちなんで企画されたもので、監督・脚本は、「鉄腕アトム」「あしたのジョー」「エースをねらえ!」などを担当したことで知られる出崎統氏。オープニングテーマは椎名林檎が作詞・作曲し、PUFFYが歌っている。

   議論を呼んでいるのが、その内容だ。例えば第1話では、9歳の光源氏が帝の側室、つまり義理の母親にあたる「藤壺」(14)とキスをするシーンが登場。第2話以降も、様々な女性との関係が性描写を交えながら描かれる。現在、公式ウェブサイトで公開されている人物相関図を見ただけでも、2人の女性と夫婦関係になり、3人の女性との恋愛関係が描かれている。

   こんな状況に、ネット上では、

「原作とかけ離れている」
「吐き気に襲われた」

といった批判の声があがる一方、源氏物語は、そもそも男女の愛憎劇を描いた作品なだけに、

「むしろドロドロとエロさが無ければ源氏物語ではない」

などと擁護論も目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック