2019年 10月 14日 (月)

テレビキー局大ケチケチ作戦 コピー用紙代、弁当代まで節約

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   空前のテレビ不況で、民放各局が、徹底したケチケチ作戦を展開している。人件費の大幅なカットばかりでなく、コピー代、弁当代まで節約しているというのだ。そんなにして、いい番組ができればよいが…。

弁当も1000円を800~700円に

「お天気お姉さん」のコーナーはあるが…
「お天気お姉さん」のコーナーはあるが…
「ある民放キー局で、コピー用紙を裏と表両方使うというんですよ。調子いい時代には、編成部員が1人1日5~10万円飲んで、年間3000万円も経費を使っていたあのキー局がですよ」

   テレビ界の事情に詳しい芸能評論家の肥留間正明さんは、こう驚く。

   広告収入の大幅減で、民放各局に、コスト削減の嵐が吹き荒れている。前出のキー局では、コピー用紙の扱い方に慣れないため、間違えてコピーするケースが続出。表だけ使った場合より余計にコピーするという、笑えない笑い話があったそうだ。

「さらに節約のため、何枚取ったか記録しなさい、というんですね。弁当なんかでも、1000円したのを800円、いや700円にしろ、というのも当然のように言われています。タクシーはなるべく控えろ、どころでなく、すべて電車に乗れ、領収書も取れ、とここまで徹底しているようですよ」(肥留間さん)

   コピー用紙にまでこだわるくらいだから、人件費についてはもっとシビアだ。

   TBSはボーナス2~3割カットを打ち出して労組が全面スト状態に入り、民放労連によると、まだ妥結せずに交渉が続いている。ほかのキー局については、「ボーナスについては、TBSと同じぐらい」(芸能プロ関係者)といい、民放労連では、まだどこも妥結していないとしている。

   肥留間さんによると、ある民放キー局で、局員を定年退職後に嘱託などとして再雇用する場合も、大幅な減給を提示しているという。「年収が1500~600万円だったのが、500万円以下にするというんですね。民放各局とも、再雇用で出せるのは、400万円が限度とも聞いています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中