2019年 7月 17日 (水)

「デキ婚」が多発中  新婦の3、4割が「妊娠」 

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   俳優の佐藤隆太さん(29)の「デキ婚」の話題がメディアを賑わせている。もっとも、これは芸能人だけの話ではなく、ウエディング会社によると、新婦の3、4割が妊娠しているそうだ。今や「デキ婚」など当たり前の時代だ。

厚生労働省の調査では26.8%が結婚前にできた子ども

   俳優の佐藤隆太さんは2009年7月14日に記者会見を開き、23歳の一般女性と結婚すると報告した。佐藤さんは最近まで婚活を題材にしたフジテレビ系ドラマ「婚カツ!」に出演していた。また、婚約者はすでに妊娠しているという。

   子どもができた後に結婚することを、「できちゃった結婚」とか、短くして「デキ婚」という。最近では元モーニング娘。の辻希美さん、同グループでリーダーを務めた飯田圭織さん、元女優のダルビッシュ紗栄子さん、ダウンタウンの松本人志さんなどの例がある。

   厚生労働省「07年人口動態統計」によると、婚姻関係にある男女から生まれた第1子は50万7276人だった。このうち結婚期間が「9カ月以下」で生まれたのは13万6271人で、全体に占める割合は26.8%だ。妊娠期間はおよそ10カ月なので、結婚前にできた子どもと推測できる。

   妊娠中の新婦も増えている。

   ファーストアドバンテージ(東京都港区)ウエディング事業部「LADIRB(ラディーブ)」の杉浦泰治さんは、

「最近では妊娠中の新婦が全体の3割を占めると思います」

と明かす。

   兵庫県のウエディング会社デコルテも「新婦の4割が妊娠している」と話していて、珍しいものではなくなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中