2020年 2月 21日 (金)

浴衣や「モダン着物」が人気 若者たち「着物はかっこいい」 

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   着物を日常的に着て、お茶やお花を嗜む若い女性が増えている。着物は高級品というイメージを覆し、洋服感覚で着られる「モダン着物」が数万円から登場。夏祭りや花火大会に気軽に着る「浴衣」も根強い人気だ。いま、和の装いが「かっこいい」と若者たちに認識されているらしい。

洋服にはない組み合わせを楽しめる

大きな蝶の帯留めが人気の「ふりふ」
大きな蝶の帯留めが人気の「ふりふ」

   東京・銀座に店を構える銀座かわの屋は、大正から昭和初期につくられたアンティークの着物と、現代作家の作品を扱う。数万円で買えるものから高級品まであり、幅広い層に支持されている。

   最近は、着物に興味を持ち始めたという20歳代のお客が増えているそうだ。

「着付け教室に通い始めたという方や和のものに興味を持たれていらっしゃる方などいろいろです。場所柄、外国人もいらっしゃいます。洋服にはない色彩、柄なので、始めは着物、帯、帯締め、帯揚げのコーディネートに悩みますが、慣れてくると洋服にはない組み合わせを楽しんでいらっしゃるようです」

スタッフの女性はこう話す。

   若者ファッションの中心を担うマルイワン新宿(東京都新宿区)では、洋服感覚で着られる「モダン着物」を提案している。水玉柄の下駄や苺柄の帯など個性的なデザインもある。価格は1万円以下もあり低めに設定している。同館は09年2月にリニューアルし、ロリータ、パンク・ロックなど日本独自のストリートファッションを展開。海外から「クール(かっこいい)ジャパン」として注目を集めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中