2022年 7月 4日 (月)

「0泊2食」という旅館プラン お得に「1泊気分」で人気

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   不景気のせいで「0泊2食」という旅館プランの人気が高まっている。豪華な食事が2食付き、客室も使えて、日帰りでもゆっくり過ごすことができる。1泊したかのような気分を味いながら、料金は1泊料金のほぼ半額というお得感が人気の理由だ。仕事が忙しくて連休が取れないという人や、子どもや夫がいて家を空けられないという主婦にうけているようだ。

温泉、会席料理、部屋代込みで1万円

   大阪から車で90分のところにある対泉閣(三重県名張市)は0泊2食プランを9800円で提供している。昼食と豪華な会席料理がついて、客室は午前11時30分から午後8時まで利用できる。時間内なら露天風呂や大浴場に何度でも入れる。

   「泊まれないけれどゆっくりしたい」というお客の要望があり、1年ほど前からこのプランを始めたところ盛況だ。フロント担当者は、

「20歳代くらいの若いお客さまが多くいらっしゃいます。お得感のある料金で、宿泊より気軽に利用できるというのが魅力のようです」

という。

   琵琶湖畔の湯元館(滋賀県大津市)でも、0泊2食プランを設けている。夕食の内容によって3つの料金があり、旬の松茸と近江牛会席プランが1万200円、近江牛会席プランが1万1700円、スタンダードプランが9300円だ。いずれも2009年10月31日までで、季節ごとに食事は変わる。客室には午前11時~午後9時30分と10時間以上も滞在でき、その間は好きなだけ入浴できる。おいしいものを食べられて、ゆっくりできるというので、女性同士のお客に人気がある。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中